投稿者 seikou418 | 2011年1月13日

1月12日(水)

午前
 小郡萩道路開通式 関連イベント調整

午後
 ランニング(大峠:やまさん)
 勤務

夜間
 勤務

以上

県トップアスリート事業の練習環境整備として、今年度初めから「防府競輪場夜間照明」の整備を進めてきました。
競技団体として、主に「成年選手」から要望のあった練習環境を整備するために、
 ・平成21年度 パワーマックス(競輪仕様)整備
 ・平成22年度 防府競輪場の夜間照明の整備
と進めてて来ています。

スポーツ振興を考えれば、こういう機会にスポーツ施設の充実を図れるので、競技団体としては精力的に動かなければいけない時期なんでしょうね。
設備を充実させて、山口国体後の地元スポーツの発展を見据えていないと、公共事業の意味があまりありませんよね。


そういう意味で、利害関係のある団体が多い「競輪場」に照明を整備できたって事は、山口国体の意義がありますよね??
連盟の事務(裏方)としては、これは大きな成功だと思ってます。
実際に、今後うまく活用していくのは「高体連」だと思いますけど、未来あるジュニア育成の素晴らしいアイテムを提供できたと思っています。


整備計画では6灯設置で、現在は2灯が不良交換中の工事中です。


バック側から照らすだけですが、朝方や夕暮等には威力を発揮してくれます…、多分。

これを選手強化に生かせるか?は、現場指導者の裁量だと思っています…。
僻みじゃないですが、私は山口県の「指導者」でも「監督」でもありません、「事務局長」ですから(笑)

山口国体の競技運営としても、山に囲まれた競輪場の日照時間等の問題を改善でしました。
大会時の早朝練習も日の出時間とかを、あんまりシビアに考えなくても良くなりそうです!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。