投稿者 seikou418 | 2011年9月14日

9月11日(日)

午前&午後&夜間
 JBCF加東ロードレース 遠征
 ※バイク移動審判員の研修生として派遣。

  06:00 起床
  07:00 西脇ロイヤルホテル(トクオウマル送迎)
  07:15 監督会議
  07:30 役員打ち合わせ
  09:00 E3(2組) スタート
    ※ チームマネージャー業務(応援&補給スタッフ)
  12:00 E1スタート
    ※ バイク審判員業務(BBモト)
  14:00 P1・F スタート
    ※ バイク審判員業務(BBモト)
  17:00 会場出発
  22:00 帰宅

以上

バイク移動審判の研修をしてきました。
以下、報告します。


インカムのヘッドセット付きのヘルメット。
ほとんどが、バイク審判員の自前装備のようです。
バイク審判員は、どうやら自転車競技経験者というよりは、バイク愛好家の方が多いようです。


車輪ホルダもワンオフ物なんでしょうね。
実業団レースへ派遣されているバイク審判は、かなり熟練者が多いようです。
モト・コミッセールとしての志は、かなり高いですね。


前日夜に長い打ち合わせをするのが、移動審判員の特徴ですね。
ま!雑談も多いのでしょうが…、皆さんの「思い」が強いからこそなんでしょうね。
ミーティング後に、当日の実務的な編成(役割分担)が決まっていくようですね。
国体の編成には「インフォモト」は居ませんから、誰かがそれを担うかは、ミーティングで決まるのでしょうね…。


そして、各ライダーの役割分担が明確に決まっての、レースのコミッセール業務が始まります。
私は、BBモトでしたから、選手・監督・観客に対して、タイム差(レース情報の告知)を教える役割でしたね。
というか、国体時の県内役員は、BBモトが多いので、この研修があるんですね。

私は一応…、UCI公認レースを何度か選手で走っていたので、何となくバイクの役割や動きは理解できます。
そんなわけで、選手目線での欲しい情報とかは解るので…、なんとなくでも出来ましたが。
競技経験がない(少ない)場合は、何をして良いのか解り難いし、選手が嫌がる動きが理解できないかもしれないね。

ま!奥が深い世界ですね…、この世界も。
自転車選手もモノ好きですけど…、バイク審判もかなりのモノ好きですよ!!(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。