投稿者 seikou418 | 2012年9月26日

9月26日(水)

県体育大会の準備をしないといけない…、のですが…。
岐阜国体が終わってから考えるか?会期中に、宿舎で事務作業をやっちゃうか?
悩みどころです。

県体育大会やるだけなら、超単純な作業です。
審判員委嘱して、参加者募集して、役員、番組編成して、プログラム・日程作成、賞状・役員日当・弁当の用意くらいです。
大会当日になれば、競技役員がある程度は責任を持って進行してくれます。

ですが、今回は山口国体後のスポーツ振興という「行政サイド」の動きも含めて、進めています。
なので、自由自在に動けないのが、なかなか面倒くさいところです。
まぁ、岐阜国体では、自転車競技会の関係者も多くいらっしゃるので、いろいろとそういう対外的な動きはスムースなのかもしれません。

そうそう!この前の「経済産業大臣旗ロード」の時に、広島車連の関係者の方から「シクロクロス大会開催」についてのご意見を頂きました。

今年度のきらら浜2月大会は、実は「シクロクロス」が出来ないかと、昨年度に公園側に少し話をしている経緯もあります。
「砂浜」も「芝生」も「アスファルト」もありますから、全日本選手権でも誘致できるようなコースレイアウトも可能です…、公園側が許可すれば…(笑)
まぁ、最初のトライアル大会として「AJOCC」の共通カテゴリー制は採用せずに実施しようかな?と勝手に構想練っています。
一応、地元車連の「競技運営委員長」ですし、こういう普及大会等の新設の為にそういう組織の役になっている訳ですし。

広島車連との連携を深めて、いろいろ自転車競技の普及活動が進められれば良いですね。
特に、「シクロクロス」とかマイナーな競技は、公の競技団体が自主開催しない限り、採算性悪すぎでやんないでしょうね。
この辺が、競技団体がどこまで競技種目に対しての情熱をもっているのか!?という部分でしょうね。

やる気がある人が居ないと、人は集まらないし、何も出来ないわけです。
「それはしょうがない」と諦めたら、それはもはや文句を言う資格は無いのですが…、世の人はグチグチ自分勝手な事を言うものです(笑)
まぁ、負のスパイラルですねー、しょうもない。

ま!最後はやりたい奴が勝手にやって、失敗したら誰も助けてくれないので、やるならば、絶対に成功させれば良い訳です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。