投稿者 seikou418 | 2013年4月30日

4月29日(月)~30日(火)

きらら浜サイクルミーティング5月大会は、ホストチームのESを含めて160名程度のエントリーですね。
GWですので、常連の方のエントリーが少ないような感覚ですね…。
こじんまりと出来て良いかもしれません(笑)

さて、連盟としては『県内選手権ロード』を併催して、県内チャンピオンを決定するわけです。
一応、県内のJCF登録競技者のモチベーション確保が目的として、実施します。

**********************************************************************
●山口県内マスターズ・エリート・U23選手権ロードレース → きらら浜サイクルミーティングの「エリート」
●山口県内ジュニア選手権ロードレース → きらら浜サイクルミーティングの「ジュニア/エキスパート」
●山口県内ユース選手権ロードレース → きらら浜サイクルミーティングの「ユース」
**********************************************************************
各カテゴリの上位1名をチャンピオンとして表彰する予定です。
県内チャンピオンには、トロフィーを準備しています(笑)

仕上がり見本03

ですが…、

今の段階で、「ジュニア」に関しては、高体連(連盟理事長)より参加辞退の連絡がありました(笑)
トロフィーを用意したけど、「ジュニア選手権ロード」は、既に対象者なしです…。
それから、県外へ進学している大学生に関しても、エントリーは無いので、「U23選手権ロード」も対象者なし(涙)
まぁ、諸般の事情も加味すれば…、仕方が無いのかもしれませんね。トホホ。

ユースへは、山口県ジュニアサイクルスポーツクラブの中学生がエントリーしてくれています。
エリートの対象者は…、徳王丸のみ(笑)完走すれば、県内のエリート・チャンピオンです!!
マスターズは、対象者がイッパイです。
熾烈なチャンピオン争いですねー(笑)
というか、県内の競技者は30歳以上が多すぎますね。

もったいないので、U23とジュニアのトロフィーは、中国地域ロードの県内上位の対象者に授与する事にします。
県高体連は、インターハイ予選を中国地域大会でするみたいですので…。

コミッセール・パネル(審判団)についても、面白い試みをしようと思います。

まずは、広島車連から計測システムと映像撮影でご協力をいただきます。
今大会は、センサー計測での順位判定システムを導入します。
また、移動バイクでの動画撮影と、インターネット配信を予定しています。

それから、JBCF公式カメラマンの高木さんへも取材依頼をしています。
某インターネット自転車競技情報サイトへも、レポート等がアップされると思います。

また、審判長は学連所属の学生(3級審判員:福岡)に依頼しています(笑)
元ESで走っていた学生ですが、福岡県の某大学で学連登録チームを創設し活動しているアベシロです。
車連のオジサンとしては、隣接県の若手の審判員のスキルアップを目的としています。
まぁ、こんなテキトーな大会でも、若い審判員養成に関しては良い機会かなー、って思っています(笑)

つうか、アベシロの審判長って、ES的にも面白そうだし。
学生審判長なんで、容赦なくムチャブリをしていこうと思っています(悪)

【きらら大会審判長の役割】
・競技会場準備
・役員打合及び開会式スピーチ
・無線のテストコール
・スタート選手の確定(召集、受付で確認後、決審、計測係に未出走者の通知)
・スタート前の選手確認(ヘルメットシール、センサー、装備最終確認)
・集団管理(集団からドロップした選手の確認、集団の動き確認、本部との連絡)
・車列管理(車列編成等の指示)
・片付け、撤収

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。