投稿者 seikou418 | 2014年5月21日

5月19日(月)~21日(水)

19日 走行距離:0㎞ ※下関球場視察、実行委員会と現地協議
20日 走行距離:30㎞ (通勤往復)
21日 走行距離:30㎞ (通勤往復)

「ツール・ド・しものせき実行委員会」のエキシビジョンクリテリウム開催に向けて、協議がありました。
実行委員会事務局長、事務局次長、担当者、下関球場指定管理者担当支配人と、EsperanceStageから山本敬選手、山口車連事務局長(私)で、下関球場でのロケハン形式で実施しました。

エキシビジョンクリテの開催については、ほぼ確定となりそうですが…。
今週中の宿題をいろいろと頂きました。
(1)実施要項
(2)安全管理対策を組み込んだ会場及びコース設置図
(3)開催案内のパンフレット

素案が既にあるので、あんまり苦労はしなさそうですが…。
安全管理の部分で少し考えた方が良い部分が増えましたね。

DCIM0013
ゴール前のフェンスでの安全管理は必要だと感じました。
きらら浜の公園から、鉄柵を50個(約100m)ほど借用して運搬したほうが良いかもしれません。

また、不特定多数の利用がある「公園園路」なので、完全にセパレートする必要があります。

DCIM0025
コーンや矢印看板以外に、シクロクロスで使用した防護ネットやコーステープを活躍させていく方向で考えています。
内側の植込みなどでセパレートされていない、芝地には当然ながら走路と観覧スペースの分離が求められます。

DCIM0011
唯一のテクニカルコーナーとなるヘアピンコーナーを入れて、おそらく1周800m程度です。
規則上で最小規模のクリテリウムです(笑)

毎度ですが…、
大会開催にあたり、皆様方のご理解とご協力を賜りますよう…、ねがいしまーす!!!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。